りりたのにゃごやんぱとろ~る

<   2013年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

コンパル 栄東店

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、名古屋喫茶店の定番!「コンパル 栄東店」さんです。

名古屋の喫茶店と聞いてまず思い浮かぶのが「色々ついてるモーニング」。それを目的に、コメダ珈琲と双璧のようなイメージのコンパルさんに突入しました。

1)コーヒー(380円)+モーニング(+130円)
b0233046_23471964.jpg
注文した後分かったモーニング別料金。おぉ、そういえば壁にも「モーニング+130円」とでかでかと貼っています。名古屋の喫茶店は、最低でもトーストとゆで卵がついていて当たり前、と高をくくっていました。
しゃーないな、店間違えたかな、とコーヒーを一口。うん、美味しいじゃないですか。これなら十分、単品で380円出す価値のあるコーヒーだと思いました。


2)モーニングのハムエッグトースト(+130円)
b0233046_23475251.jpg
コチラも美味しい。キャベツとソースや卵が絡んでとても美味しい。単品のハムエッグトーストは600円。でも、一切れ少ないだけで、この価格で食せるのはありがたいです。無料でトーストと茹で卵がついているより、嬉しいです。


3)エビフライサンド(890円)
b0233046_23482328.jpg
名物ということで、コチラも頂きました。メニューの写真では縦に3切れなのですが、こちらが4人連れなので4当分してくれました。ちょっとした心遣いが嬉しいです。たっぷりなキャベツ、からっと揚がった衣とぷりぷり海老がとてもよかったですが、インパクトとしては、先のハムエッグトーストの方がありました。

コーヒーに無料でいろいろ付いてくることで有名な名古屋のモーニングですが、こちらは、別料金ですがコーヒー・モーニング共に十分に支払う価値のある内容であることが分かりました。

■コンパル 栄東店
■名古屋市中区栄3-5-12 栄 森の地下街 南一番街
■052-951-5188
■8:00~21:00 元旦休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-31 23:49 | ごはんの時間~名古屋めし

岡部やな

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、春から秋の風物詩・簗漁(やなりょう)、「岡部やな」さんです。

やなと言ってもこちらは、食事専門のやなとなっています。岐阜県の簗(やな)は長良川や揖斐川上流が有名ですが、こちらは途中で揖斐川に合流する根尾川の谷汲山大橋のたもとにあります。


1)鮎の刺身?
b0233046_2214321.jpg
乾き気味で反り気味。塩干し?この暑さに干上がった?ちょっと干したような締まり具合ですが、かえってプリプリ感が出ていて、美味しくいただきました。本日の一番人気でした。


2)鮎の甘露煮
b0233046_2214564.jpg
甘すぎず、柔らかさもちょうど良い感じかな。


3)鮎のフライ
b0233046_22152543.jpg
綺麗な油で揚げられていました。熱々でとても美味しかったのですが、怒涛のように皿が出てくるので、ついつい食べ急いでしまいます。


4)焼き鮎の味噌だれ
b0233046_22155573.jpg
どちらかというと淡泊に塩焼きなイメージが強い鮎ですが、意外と甘味噌が良く合います。二番人気でした。


5)鮎の塩焼き
b0233046_22165176.jpg
定番。色々な食べ方が面白かったので、一番普通に思えました。もうちょっと焦がしてもいい位のワイルドさがあった方がよかったかな。

6)鮎のお茶づけ
b0233046_22171716.jpg
雑炊と言うより出汁をかけたお茶漬けです。勿論、身も入っています。とても旨みがあり美味しいです。


7)ノンアルコールビール
b0233046_2217506.jpg
テーブル上にはやかんのお茶がありますが、当然、ぬるいです。とてもビールが飲みたくなりますが、車でしか行きづらいところなので、少なくとも運転手はコレを頂くことになると思います。300円は良心的な価格だと思います。普通のビールは500円

当分鮎はいいや・・・と思えるくらいに堪能できます。しかも、どれも美味しいです。価格も10匹近く頂いて3,000円ポッキリは良心的な価格だと思います。

しかし、半ばオープンな施設なので、結構蒸し暑いです。(酔っ払いでもしない限り)天気が良い日はちょっと辛いのではないかと思います。
よって、ゆっくり落ち着いた食事をしたい、快適な環境で食事をとりたい、という方には不向きだと思います。


あと、Google地図やカーナビだと実際に簗があるところと異なる場所が表示されます。実際には、谷汲山大橋たもとの河原にあり、橋の西口辺りから河原のキャンプ場に行くための道を下るとよいと思います。


■岡部ヤナ
■揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬1724-4
■0585-55-2253
■(期間限定)11:00~、日曜祝日は10:30~ 予約して行った方がよいと思います。


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-28 22:20 | ごはんの時間~和

カレー屋 だいこく亭

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、看板はカレー屋さん、の皮を被った定食屋さん「カレー屋 だいこく亭」です。

カレー気分だった昼休み、「カレー屋だいこく亭」と書かれた看板に惹かれするすると入っていきました。

1)カレー(450円)+トンカツ小?(+150円)
b0233046_2272524.jpg
お店に入ってカウンターに座るも、白板にもメニューにも・・・店内に全く「カレー」の文字がありません。店、間違えた?と真剣に思いました。恐る恐るカレーはありますか?と聞くと、「ありますよ、450円です。」の答え、良かった~。んで、安っす~。
b0233046_2274062.jpg
トッピングが出来ますよ?と声をかけられ、メニューの中からトンカツを頂きました。カツはそれなりのもの(にしても、150円!)でしたが、さすが「カレー屋」。ルーは良く煮込まれていて出汁も効いていて美味しかったです。


2)レギュラーな定食とトッピングメニュー
b0233046_2275835.jpg
基本、ごはん+とん汁+漬物のとん汁セットが300円。これに白身フライ(150円)など、トッピングメニューからおかずを選んでいくのでしょう。
因みに本日の日替わりは、とろろまぐろ丼、野菜コロッケ、もやしのおひたし、とん汁で550円でした。


3)これが、惹かれた看板(笑)
b0233046_229890.jpg
美味しいカレーが450円はコスパ高し!でも、横のおじさんが食べていた日替わりも美味しそうでした。接客は丁寧で、また訪れたいな、と思わせるちょっと魅力的なお店でした。
で、なんでカレー屋?(笑)


■カレー屋だいこく亭
■名古屋市東区泉3-6-19
■052-931-1209
■11:00-14:30 土日祝休日
 金曜夜、祝日前夜、居酒屋営業
■http://www.daikokutei.com/


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-26 22:11 | ごはんの時間~伽

CoCo壱番屋 中区新栄店

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、全国的に有名なカレーチェーン、本場の一杯「CoCo壱番屋 中区新栄店」です。

ギネスで最も大きいカレーチェーン店を認められているCoCo壱番屋、そういえば本場(愛知県)で食べたこと無かったな、と思いたち訪問しました。

ビーフカレー7辛(580円+100円)
b0233046_06866.jpg
CoCo一番屋さんへはほぼ6年ぶり位だけど、最近、辛さに対する耐性が出来てきたような気がするので過去食べた内で一番辛味を注文しました。
b0233046_062751.jpg
まず、ルーを一口。6年分の経験なのか、味わいそのものが変わって来たのか、かなり大好きだった(記憶の)味わいではなく、極普通のカレールーに感じられます。辛みは、スパイスというよりも唐辛子系の辛み。でも、美味しい?と聞かれると、やはりちゃんと美味しいんですよね。このあたりが押さえるべきところはきっちりと押さえているかな、と思います。
b0233046_064382.jpg
ご飯は特筆すべきものはありませんが「中庸の素晴らしさ」、このルーにはちゃんと合っています。ボリュームもきっちり300gで普通にお腹いっぱいになります。
b0233046_065913.jpg
今回は、CoCo一番屋さんの「素」を食べたかったので、ビーフカレーにしましたが、写真のようなお肉がちょこちょこっと入っています。580円のコスパは妥当なところかな、と思います。

多分、また食べたくなる時が来ると思います。


■カレーハウス CoCo壱番屋 中区新栄店
■名古屋市中区葵1-23-14
■052-932-5850
■11:00~0:00 定休日なし
■http://www.ichibanya.co.jp/index.html


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-22 00:08 | ごはんの時間~伽

からしとうふ

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、岐阜名物「からし豆腐」です。

スーパーでふと目にした「からしとうふ」の文字。まんまるな豆腐の上に「あおさ」がのっているちょっとビジュアル的にインパクトのある豆腐です。
b0233046_23505671.jpg
「岐阜名物」とパッケージには書いてあるのですが、初めて聞くなぁ、ということで購入してみました。近くのスーパーで二個168円だったかな。
何故、「からし」豆腐なのか、は真っ二つに割ってみると分かります。なんと、豆腐の中に練り辛子が埋め込まれています。これじゃあ、知らずに食べると「辛子の当たり」なんかでツーンと鼻の中がOUTりそうな気がしますよね。
b0233046_23512153.jpg
ということで、WEBで食べ方を調べ、刻み海苔を添えて醤油をかけて食べてみました。豆腐は木綿豆腐のような食感で、特にあおさが効いているわけではありませんでしたが、醤油と辛子、そして海苔はなかなか相性が良くて美味しかったです。

こりゃ、ケンミンSHOWのネタになりそうですね。
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-18 23:53 | ごはんの時間~家

マジックスパイス名古屋店

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、スープカレーの超有名店「マジックスパイス」の名古屋店です。

基本のメニューは10種類あまり。でもトッピングの種類が非常に多いですね。珍しいところでは、納豆や麩&ごま、も。今回は折角だから名古屋店限定品を、と思い「チンギスハーン(なんで名古屋?)」を選択しました。

1)チンギスハーン(1,250円+虚空(辛さ)250円)
b0233046_22141028.jpg
チンギスハーンの名前の通り「ラム肉」と「北国の野菜」です。非常に具だくさんで、確認できただけで「トマト」「人参」「水菜」「オクラ」「アスパラ」「蕪」「ブロッコリー」「しめじ」「さやえんどう」「インゲン」「キャベツ」「ヤングコーン」「南瓜」「蒟蒻」など。辛さは、通常メニューの中で一番辛い「虚空」です。
b0233046_22143123.jpg
ご飯はターメリックライス。ターメリックにする必要がイマイチわからなかったけど、ちょっとパサパサでスープカレーには合っている印象でした。ボリュームは大盛りは+100円と安めなのですが、普通サイズで十分でした。
b0233046_22144428.jpg
スープはバジルがかなり入っているのかな。さすが「虚空」だけにスパイス香も強かったですが、ハーブ香もそれなりに効かせてあると思います。というかコレだけ野菜が入っていたら当然かも。とにかく、スープたっぷりが嬉しいです。
b0233046_22145966.jpg
チンギスハーンということでラム肉もしっかり入っています。この野菜ごちゃ混ぜスパイス感のなかでインパクトの中に入っているお肉としては最適なのではなかったのかと思います。


「カレーという素晴らしい料理をわざわざスープにすることないじゃん」と、二の足を踏んでいる方!是非ダイブしてみてください。カレーとスープカレーが全く別物だということ、そしてこのお店が多くの方に愛されている理由が分かります。


■マジックスパイス名古屋店
■名古屋市中区大須3-15-13
■052-249-8884
■ [月・木・金]11:30~15:00、17:30~23:00(22:30L.O)
  [土・日・祝]11:30~23:00(22:30L.O)
■http://www.magicspice.net/


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-15 22:19 | ごはんの時間~伽

たん熊 北店

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、お昼のコスパは特に抜群!素材・味・サービス良しの「たん熊北店」さんです。

お節でよくお世話になっているたん熊北店ですが、3年ぶり位にランチ訪問してみました。



1)京づくし特別松花堂縁高(~8月末:5,775円)
b0233046_15272330.jpg
京野菜をたっぷり使った八月末までの限定メニューということで、コチラを選択しました。


2)日本酒(純米吟醸「熊彦」)
b0233046_15274174.jpg
ビールで喉を潤した後は、日本酒にチェンジ。オリジナルの純米吟醸「熊彦」を冷でいただきます。
大将考案の冷却装置(笑)で冷やしていただきました。薫り高さとすっきりさを併せ持ったお酒でした。


3)先付
 アカモク寒天寄せ、酢みそがけ、振り柚子
b0233046_1527127.jpg
心地よい冷たさ、爽やかな酸味でスタートです。


4)造り(右下)
 明石の天然鯛 鱧落し 梅肉 醤油 あしらい
b0233046_15284661.jpg
本日は、よい明石の天然鯛が入ったということで、お造りはそちらに。ちょっと端っこ感(笑)がありましたが、こりこり・プリプリしてて美味しかったです


5)取肴(右上)
 出し巻玉子
 ほうずき器入り無花果胡麻だれかけ
 丸十甘露煮
 京夏ずきん
 串差しサーモン絹田巻青唐玉蒟蒻
 山科茄子紅白田楽
 鯛塩麹焼
b0233046_15334831.jpg
どれも出汁はしっかりめにとってあります。たん熊の味わいと素材の美味しさがちゃんと調和しています。


6)焚合(左上)
 賀茂茄子刻み茗荷
 鹿ケ谷かぼちゃ(えびす南瓜)
 湯葉
 伏見とうがらし
 小芋、振り柚子
b0233046_15344474.jpg
京都産の野菜が沢山使われています。特に、見た目に凝った料理が出ている訳ではないのですが、ひとつひとつが大変美味しい・・・としか言いようがないんです。


7)焚合(左下)
 万願寺じゃこ御飯
 梅海苔巻
 水菜 柴漬
b0233046_1535103.jpg

 鯛笹巻寿し
b0233046_15352778.jpg
万願寺のじゃこ飯は、青さ・歯ごたえをいいくらいに残し、じゃこの塩加減も合わさってとても良かったです。鯛のお寿司はしっとりとしつつ密度がしっかりある肉質でした。


8)なべ物
 京都牛柳川なべ風 九条ねぎ 粉山椒
b0233046_15364651.jpg
結構ここまででお腹は大きくなってきており、「無しでも良い位かな」とも思ったのですが、食べてみるとやっぱり美味しい。肉質はそこそこ、でしたが。


9)吸物
 白みそ 山科茄子 蓴菜 壬生菜 辛子

b0233046_15371897.jpg
白みそのほんわりとした甘みと、とろっとした茄子で、お腹にふわっと優しいです。


10)水物
 宇治茶の抹茶アイス  胡麻豆腐 小豆 黒蜜がけ
b0233046_15411629.jpg
製菓用のなんちゃって抹茶と違って、良い抹茶を使ったアイス。


11)お部屋
b0233046_15413123.jpg
今回のお部屋です。1階カウンターの真上のお部屋。壁にかかっている祇園祭の鉾の絵が可愛らしかったです。


こちらには、随分前から何度かお邪魔していますが、お部屋でもカウンターでも不満を感じたことは一度もありません。サービスはけっこうざっくばらんですが、気取ってなくて私はそこが気に入っています。
素材、美味しさ、ボリューム、雰囲気を総合的に考えると、驚異的なコスパの良さを感じます。敷居もそんなに高くはありませんしね。



■たん熊北店 本店
■京都市中京区西木屋町通四条上ル紙屋町355
■050-5868-7937(予約専用)
■12:00~14:00 、17:00~22:00
■http://www.tankumakita.jp/


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-11 15:41 | ごはんの時間~和

たいら

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、名古屋名物?焼きトンカツの名店で舌鼓、「たいら」です。

お昼のメニューは店内の黒板に書かれています。
基本の焼とんかつ+ハンバーグor唐揚げor白身フライでそれぞれ880円。orエビフライで930円、焼きとんかつ定食が780円、ヘレになると880円です。
事前に調べていた肉厚の(上)焼きとんかつは、夜専門のメニューだったようで食せませんでした。

焼とんかつ+海老フライ定食(930円)
b0233046_2322512.jpg
メインの皿には、焼きとんかつと海老フライ、カレー風味のスパゲッティ、キャベツ、パセリです。ご飯に赤だし、お漬物に、本日の小鉢はおでんの大根とちくわでした。
b0233046_2324222.jpg
鉄板で焼くとんかつは、やはりちょっとまだら模様で見た目はイマイチ。でもサクサク感はしっかりあるうえ、油っこさはあまり感じません。豚の旨みもしっかり閉じ込められています。
b0233046_233157.jpg
でも、今回特に良かったのが正直焼きとんかつの付録くらいに考えていた「エビフライ」。色合いは少し揚げすぎ感もあるのですが、とにかく身が締まっていてプリプリ感が抜群に良かったです、うっま~。尻尾もパリパリで大変美味しく頂きました。
b0233046_2331911.jpg
定食では必ずチェックする「ご飯」。こちらは、特に可もなく不可もありませんでした。

定食としてのコスパは普通でしたが、メインがサクッと美味しいし、フライ物なのに重く感じなかったのはとても嬉しいです。
接客も気さくで感じが良く次回は是非、(上)焼きとんかつを味噌ソースで食べてみたいと思います。


■たいら
■名古屋市千種区今池5-8-9
■052-731-4555
■11:30~14:00 17:30~21:30 月曜定休、日曜不定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-08 23:03 | ごはんの時間~名古屋めし

珈琲 門

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、落ち着いた音楽と空間で名古屋の喫茶店カレーを味わう。「珈琲 門」さんです。

じりじりと照り付けるような日差しから逃れるようにドアをあけると、明るいながらも適度に空調された、すっきりとしたデザインの空間が待っていました。心地よい音楽が流れています。

写真入りの分かり易いメニューから、目的の「門特製カレー」(650円)を注文しました。

門特製カレー(650円)
b0233046_17473740.jpg
そんなに待たされることなくサーブされました。夏にぴったり、爽やかな酸味のコールスローサラダとドリンクヨーグルトが標準で付いています。ルーのボリュームもしっかりあり650円でこのセットはお得な感じがします。
b0233046_17475887.jpg

スパイス感は特に強くありませんが不足感はありません。対して、コク・旨みはしっかりとあります。十分に玉ねぎを炒めて丁寧に甘味・旨みを出している感があります。チャツネっぽさもあるのかな。
特徴的なのは「焦がし感」。玉ねぎをかなり黒くなるまで炒めているのか又は、焙煎珈琲を隠し味にしているのか分かりませんが、とてもいいアクセントになっています。

因みに、こちらは右手用のカレースプーンを使っています。左利きの方はお皿を左右入れ替えてつかいましょう(笑)。
b0233046_17483973.jpg
持ち帰り用のカレーも売られています。420円でこの味を自宅で楽しめるのは嬉しい限りです。


■珈琲 門 (もん)
■名古屋市東区橦木町1-15 橦木ビル 1F
■052-559-0759
■[月~金]8:00~18:30(L.O 18:15)
 [土・祝]9:00~19:00(L.O 18:30)日曜休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-04 17:49 | ごはんの時間~伽

名古屋での美味しいもん、食べ歩きです。
by ririta11kg
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

最新の記事

唐獅子
at 2013-11-05 01:04
東洋軒 名古屋三越店
at 2013-10-20 00:10
せと
at 2013-09-29 18:13
つづみそば
at 2013-09-27 00:49
細江屋
at 2013-09-23 23:26

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな