りりたのにゃごやんぱとろ~る

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大黒屋

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、木屋町の昔ながらの、ゆ~ったりとしたお蕎麦やさん「大黒屋」です。

昔からずっとそこにあるお蕎麦屋さん。四条木屋町をちょっと上がったところにあります。りりた♀が以前「鍋焼きうどん」にハマって頃に通ってたのもこの店とのこと。なんでやねん、蕎麦屋なのに。

1)にしん(1,000円)
b0233046_23485636.jpg
にしんは普通。お汁は鰹の濃厚出汁で、旨みがしっかり出ています。大方のお客は「天ざる」を頼みますが、りりた的にはこちらのウリは、出汁の旨さだと思います。


2)たぬき(780円)
b0233046_23493720.jpg
京都では、「たぬき」は刻み油揚げに餡がかけられたものです。餡のおかげで最後まで熱々。冷え込む日には、むしょうに食べたくなります。


3)たぬきの蕎麦
b0233046_23495953.jpg
うーん、蕎麦屋なんだけどな。香りはいまいち、ちょっと団子になってたし・・・、味は美味しいのにもったいない。



店頭にはショーケースやメニューがありません。よって、いちげんさんには若干入り辛いかも。
でも一旦入れば、広々として、お店の人もいい意味で放置プレイ(でも、お茶が減ってたら、ちゃんと入れてくれます)で、思うままのんびりできます。お茶も美味しい、ゆったりと疲れた足を癒せるスポットです。


■大黒屋
■京都市中京区木屋町通蛸薬師西入ル南車屋町281
■075-221-2818
■11:30~21:00


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-02-25 23:52 | ごはんの時間~和

和レー屋 丁子

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、ハンドタオル持参を推奨します!「和レー屋 丁子」さんです。

和風激辛カレーで有名な「ゴラクヤ」さん、まだ行ったことが無いのですが、そちらのお弟子さんのこのお店でそのテイスト初チャレンジです!

平日の雨上がり、開店時間(11:30)すぐ位に訪問したのですが先客は1名だけでした。
「激辛チキンキーマ」「麻辣キーマ」「ビーフカレー丼」、そのうちから2種を選べる「あいがけ」(3種)、週替わりのスペシャルカレー(今週はトマト???失念)の計7種が黒板に書かれています。今回は、辛~いのを体が欲してましたので「激辛チキン」「麻辣」のあいがけを注文しました。


1)激辛チキンキーマと麻辣キーマのあいがけ(800円)
b0233046_13694.jpg
注文をしてから5~6分、ご覧の様な丼で供されました。100円プラスで大盛りが可能ですが丼の大きさを見る限り「普通盛り」で充分です。写真のように湯気がすごく出ていてうれしくなります。(私は熱いカレーが好きです!)


2)左半分、激辛チキンキーマカレー部
b0233046_13351.jpg
鶏の食感をある程度残したキーマです。チキンに和風の旨みが感じられますが、スパイスがとにかくHOT!HOT!で大味な感じ。「和の要素」は確かに存在しているけど、あくまで「下支え」的な感じで、ある程度辛さに耐性のある方にとっては「辛すぎて食べれない!」ことは無いと思います。「苦行」を楽しむカレーではなく、その辛みと刺激な「旨みを楽しめる」、激辛カレーです。


3)右半分、麻辣キーマ
b0233046_135758.jpg
麻辣と命名されていますが、先の激辛チキンよりも「和」の部分が強調されていて、「中華+和」のコラボ的な味わいがあります。具材の椎茸・こんにゃく、大豆、天粕などが、味噌っぽい風味の発酵した大豆(和)風にしっかり味付けされた上で、山椒のしびれや鉄感、唐辛子の辛みをもつ麻辣風の味わいを纏っていました。これはかなり独創的な旨みです。


カウンターに置いてあったウエットティッシュで顔の汗を拭き拭き食べていましたが、食べ終わったあと下をみて愕然。カーディガンの胸・腹の部分が汗の滝(笑)ではありませんか。感じる「辛さ」以上に体が反応しますので、次回訪問時は、ハンドタオル必須!です。

■和レー屋 丁子 (チョウジ)
■大阪市中央区東高麗橋5-3 双葉ビル2F
■06-6941-2006
■11:30~15:00 土、日、祝休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-02-21 01:04 | ごはんの時間~伽

ラ・ヴァガボンド(七たび)

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、全てのお皿にしっかり手間を掛けています!「ラ・ヴァガボンド」(七たび)です。

今冬2度目のジビエコース、今回の獲物はペルドロ・グリです。
b0233046_22583845.jpg


1)アミューズ
フォアグラの冷製フラン、パプリカムース
b0233046_2259130.jpg
フォアグラのムースは濃厚でしたが、パプリカの風味が若干勝ってた気がします。それにしても、もうちょっと欲しかったな、器の底、浅すぎ(笑)。


2)アントレ・フロワード1:選択
『活け鮑と帆立貝』ガトー仕立て 雲丹ソース 季節野菜のエテュベ
b0233046_230518.jpg
下から、カリフラワー、柚子、鮑と帆立のタルタル、そして鱒の子が層をなしており、生雲丹のソースでいただきます。濃厚でリッチな味わい、食感も多彩でとても美味しい。鱒の子がちょっと弾力がありすぎて口の中を跳ねまわってました。周りを縁取っているすだちと柚子のソースがとても可愛い。酸味を利かせたエテュベの食感もまた良し、です。


3)アントレ・フロワード2:選択
〈ロワール産〉ホワイトアスパラガスとズワイ蟹のシャルロット ソースアメリケーヌ
b0233046_2303958.jpg
去年食べて、ファンになってしまったオマールのシャルロットを彷彿させられました。甲殻類の旨みがしっかり出ていて、思わず顔がにやけてしまう一品です。
b0233046_231587.jpg
定番のハーブのブーケに、今回は金柑のコンポートが添えられていました。


4)アントレ・ショード
〈浜松〉古代米を詰めた『鰻』のトルション
ペリゴール産鴨フォアグラのコンディマン ソースマデラ
b0233046_232321.jpg
古代米ときのこを炒めた詰め物とほこほこの鰻。このちょっと淡泊な魚を、脂の乗ったフォアグラ、香草ブールブラン、マディラのソース、貝の出汁でとった泡、と色々なバリエーションで頂きます。
b0233046_2323153.jpg
古代米のぷちぷちとふわっとした鰻の食感の違いと、蒸し鰻の淡泊さとフォアグラの濃厚さの対比、などが楽しめる一品です。
付け合わせは、寒縮みのほうれん草に紅菜苔など。いろいろな野菜をいただけるのも、コチラの楽しみの一つです。

5)口直し:シャーベット
b0233046_2333865.jpg
ミントとフロマージュ、柘榴です。


6)ジビエ1:選択
『ペルドロー・グリ』ヨーロッパ山うずら
内臓を纏った胸肉 腿肉の炭火焼 コニャック香るサルミ

b0233046_2342611.jpg
部位は、胸肉とささみ、もも肉は炭火で。サルミソースとジャガイモのピューレで頂きます。付け合わせは、プティヴェール、オニオン、姫人参。(見えないけど)胸肉に乗っているのは「ぶゆぶゆ」の内臓ソース。これに濃厚芳香サルミソースのツインソースで野趣倍増です。相変わらずの手の入れようで、十分満足できました。
ちなみに、コチラからは散弾が出てきたので、「当たり!」のシャンパーニュをゴチになりました。


7)ジビエ2:選択(+1,500円)
〈大自然の恵み〉『ジビエのトゥルト』ソースジビエ

b0233046_2352026.jpg
中には、フォアグラ、ピジョンラミエの胸肉、雉、鹿、鳩、青首鴨のミンチ。
あまり強すぎない獣臭さに抑えられており、「ジビエ」を食べに来た、という前提では好みが分かれるところ。然しながら色々な獣のハーモニーの競演で食べ応えがあり、私は好きです。ソースも濃厚たっぷりでいい感じです。
付け合わせは、姫人参、ラ・フランス、蕪。


8)デセール1:選択
『デコポンのクレープシュゼット』グランマルニエの香り キャラメルのグラス

b0233046_2362910.jpg
クレープの中にはカスタードクリームとフレッシュなフランボワーズ。酸味の具合が良く、とても美味しかったです。でも、想像の範囲内かな。


9)デセール2:選択(+300円)
〈ヴァローナ ピュア・カライブ〉『フォンダン・ショコラ』黒トリュフのグラス

b0233046_236544.jpg
こちらでは2度目のフォンダンショコラだけれど、今回の完成度はすばらしい!温度管理は完璧で、柔らかく流れ出るピュア・カライブと崩れたビスキュイの食感も丁度良いです。黒トリュフもよく香っています。こちらは想像以上に美味しかったです。


10)プティフール
b0233046_2372337.jpg
パイナップルのギモーヴ、ファミューゼ、カヌレの3種でいずれもこちらでは初めてです。

b0233046_2375755.jpg

厨房にひとり増えたからコスト増?、去年よりベースの価格が千円程上がっています。皿の出とサービス対応力が増えて、予約が若干取りやすくなったのかもしれません、ランチを除いて。
また、すべての皿にひと手間ふた手間かける、料理に真剣に向き合っているスタンスは変わっていません。



■ラ・ヴァガボンド
■名古屋市中区千代田2丁目14-24 キャノンピア鶴舞1F
■052-253-7343
■Lunch [水木・土日曜日]  11:30~13:30 (L.o) (前日までの要予約) 
 Dinner[火~日曜日]18:00~21:00(L.o)
■http://www.vagabonde.jp/


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-02-16 23:09 | ごはんの時間~仏

ムガルパレス2号店 oishii

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、ナン食べ放題で790円とコスパ光る「ムガルパレス2号店」です。

ナンを思いっきり食べてみたくなって、こちらのランチに突入しました。
カレー1種+ナン(又はライス)+ミニサラダ+飲み物で790円~の昼食メニューです。


1)D(日替わりのおすすめカレー)セット(790円)
b0233046_18132241.jpg
ご覧の様にナンがとにかく巨大です。長径40cmオーバーです。細い先っちょはかなりの確率で焦げありで、ちょっと苦めですが、広い方はほこほこで柔らかくて、食感がとても良いです。残念ながら大きすぎて、後半は冷めてしまいます。冷めても美味しいのだけど、焼きたてのほこほこの方がやっぱりもっと美味しい。
写真には写っていませんが、飲み物がマンゴージュース、コーヒー(ホット/アイス)、チャイ(ホット/アイス)、ウーロン茶の何れかが付いています。


2)野菜チキンカレー(本日のおすすめカレー)
b0233046_1813589.jpg
辛さは3(HOT)を選択。ちょっと辛い物好きのりりたとしてはちょうどいい感じです。野菜カレーといっても良くあるジャガイモではなく、蓮根や小さな蕪などの根菜がごろごろ入っているのが面白いです。チキンもごろごろっと入っており、具だくさんです。


3)豆入りカレー
b0233046_18142316.jpg
煮崩れたひよこ豆っぽいものがたくさん入っています。ほこほこで美味しいです。同じ辛口(3)を頼んだのだけれど、こちらは幾分マイルドでした。


4)シュリンプカレー
b0233046_1815239.jpg
ひょっとしたら、2)と同じベースかな。仄かな海老の香りとちょちょいと海老が入っています。出汁から海老専用に作ったものではないと思いますので、ちょっと期待外れ。普通には美味しかったです。


5)タンドリーチキン
b0233046_18162194.jpg
+200円のGセットでタンドリーチキンが食せます。見ての通り、スパイシーで、かつ炭の香りもしっかり付いていてお勧めの一品です。


ナンお替わりの際は、レギュラーサイズ、ハーフサイズが選べますので、もうちょっと食べたいのだけど・・・という方も安心して注文できます。
かなりの大箱ですが、手際が良くあまり待たされることなく料理が運ばれてくるのも好印象です。今度はチーズナン(+290円)を食べてみたいな。

■ムガルパレス2号店
■名古屋市中区千代田5丁目11-33 クマザキビルビル1F
■052-243-4775
■11:00-15:00、17:00-23:00(LO.22:30)


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-02-11 18:17 | ごはんの時間~伽

南洋の父

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、女性に人気、癒し系カレーの「南洋の父」です。

訪れたのは11時15分過ぎ、ドアを開けるとカウンターにずらりと女性客で、9割がた埋まっています。空席はわずか2席。席が空いているのに帰るのもなんなので、恥ずかしいけれど身を縮めて座りました(席間は狭いです!)
本日のベジタブルカレーはオクラとカリフラワー。オクラはちょっと苦手なのでカリフラワーとパイナップルのハーフ&ハーフを選びました。

1)パイナップルとカリフラワー
b0233046_121505.jpg
パイナップルはこちらの定番。パイナップルにカレーをまぶした感じに近いです。甘みと酸味にうまくスパイスを絡めています。家カレーでパイナップルを入れると独特の甘さと酸味がちょっと浮いてしまうのだけど、この甘味酸味をベースにしてスパイスを調合したらこうなるのね、な感じです。
カリフラワーはトマトベースのカレー。トマトの濃縮感にカシューナッツで深みをつけているのかな。カリフラワーの食感がいいですね。あまりスリランカを感じませんが、美味しいです。

2)チキンとムング豆(前回訪問時)
b0233046_1221177.jpg
ムング豆はほこほこで、とても美味しい。でもこれはあえてカレーライスとして食べなくてもいいかも。カレー風味のおかずに合っていると思います。
b0233046_1223494.jpg
以上の4つのカレーの中では一番カレーとしてスタンダードな感じです。チキンは手羽元がごろっと一個入っており、動物としての鶏の旨みはしっかりあります。食べ始めはそんなに辛くないのだけど、だんだん時間が経つごとにじわじわと汗が出て体がほっこほこしてきます。

どのカレーにも、さわやかな感じのコールスローサラダが添えられており口直しには丁度いいです。また、食後のハーブティーもすべてに付いているのはありがたいです。
カレー・ターメリックごはん共にアツアツではないこと、全体的にボリュームが少な目(女性にはちょうど良い?)のがちょっと残念ですが、脂で旨みを出すのではない、工夫された美味しさを感じました。女性に人気があるのがわかります。

■南洋の父
■名古屋市東区泉2-1-4 スプリングビル B1F
■052-937-6195
■11:30~14:00 17:30~22:00 水曜定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-02-04 01:23 | ごはんの時間~伽

名古屋での美味しいもん、食べ歩きです。
by ririta11kg
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

最新の記事

唐獅子
at 2013-11-05 01:04
東洋軒 名古屋三越店
at 2013-10-20 00:10
せと
at 2013-09-29 18:13
つづみそば
at 2013-09-27 00:49
細江屋
at 2013-09-23 23:26

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな