りりたのにゃごやんぱとろ~る

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

イノーヴェ

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、高岳の「これで1500円!?なビストロ「イノーヴェ」です。

週末にがっつりビストロで有名なイノーヴェさんへ行ってきました。席数は結構あるはずなのですが、4・5日前の予約で1巡目は満席。席が空きましたらTELいたしますが?の提案を頂き、お願いしていました。電話があったのは丁度1時ころ、1階のカウンターで頂きました。

メニューはフルコースの3,800円もありましたが、今回はアントレ、プラ、プチ・デセールと飲み物で1500円のランチセットです。

1)アントレ1(選択):ブータンノワールとリンゴのサラダ
b0233046_012489.jpg
ブータンノワールの食感は柔らかめ。濃厚なその風味に対して酸味の効いたリンゴがベストマッチング。ヴィネガーソースもいい感じです。もっと食べたい・・・。

2)アントレ2(選択):真牡蠣とほうれん草のスペイン風オムレツ
b0233046_0131888.jpg
しいて言えばこれは普通かな。牡蠣の味わいはほとんどナシでした。

他の選択肢は、
・キャロットラペとウッフ、マヨネーズ
・イタリア産仔豚のメランジェサラダ
・ル ピュイ産緑レンズ豆のサラダ


3)プラ1(選択):ブッフ・ミロトン(ハッシュドビーフ) 白トリュフオイル
b0233046_0134739.jpg
白トリュフの香りは直ぐに飛んでしまいました(笑)が、ほろほろっとした肉の食感とソースにその味わいが良く出ていて、とても美味しかったです。


4)プラ2(選択):岐阜産豚内臓の煮込み ポルトガル風
b0233046_0141977.jpg
大振りな内臓がごろごろ、豆がたっぷり、ワイルドなソーセージがちょこっと。ケチャップ煮込みなのがポルトガル風なのかな?あまり香辛料は強くなく、臭みがしっかり残っていました。これは好みによるかな?私は嫌いではありませんが。

他の選択肢は、
・済州島真サバのポワレ マリニエール風
・鹿児島産鶏ムネ肉のパネ カレー風味のクリームソース
・オーストラリア産牛ランプ肉のステーキ グリーンペッパーソース


5)プティ・デセール:紅玉(?)のアップルパイ
b0233046_0144318.jpg
甘さが控えめで、シンプルながらわりと美味しい。

6)飲み物
カフェ・アメリカーノ、エスプレッソ、紅茶から選択。
(エスプレッソ・ドッピオは+200円)


この価格で飲み物やデセールまでついているのは大変ありがたい上、アントレ・プラ共に5種類から選ぶことが出来て選択肢が多くて嬉しいです。
また、カウンターから広めのオープンキッチンが見渡せるため、若い料理人たちが下ごしらえや仕上げを熱心に行っています。その様は見てて飽きず、ちょっと清々しく感じたりして、大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。

■イノーヴェ
■名古屋市東区代官町29-18 柴田ビル 1F
■052-936-5038
■11:30~14:30(L.O) 18:00~21:00(L.O) 第4水曜日定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2012-12-29 00:22 | ごはんの時間~仏

六厘舎TOKYO@名古屋・驛麺通り

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、一か月弱のロングラン出店ごくろうさま「六厘舎TOKYO In 名古屋・驛麺通り」です。

二年前、阪神百貨店では1.5H並んだ六厘舎TOKYO。東京ラーメンストリートでもそれなりの待ち時間が必要なようで、美味しい、と分かっていても20本も新幹線を遅らせて並ぶ根性がなかなか出ません。
b0233046_013159.jpg
ところが今回の名古屋遠征、WEB情報によると名古屋ではかなり行列が少なそう、ということで久々に突撃です。土曜日の夕食ちょっと前、という結構最悪な時間帯でしたが30分後には入店できました。


1)味玉つけめんの「麺」(大盛:450g)
b0233046_014550.jpg
味玉のかなり強めの味付けでした。麺のぷるん・ムチな食感はさすが。今回は450gとあって食べ終わるまでそれなりに時間がかかったのですが、最後までクオリティは保たれていました。


2)味玉つけめんの「スープ」
b0233046_02577.jpg
チャーシューは見えませんが、1.5cm厚のもの塊がどしっと潜っています。スープですが、もう少し粘度があって濃いイメージを持っていました。案外あっさりです。節系の重層感、とんこつとのバランスはちょうどいい感じなのですが。

b0233046_022956.jpg

こちらは、並盛り300gと大盛り450gのボリューム比較。+100円で150gアップは良心的ですが、個人的には450gはやっぱりキツかったです、年だにゃ。

初めて食べた時のインパクトは無かったけれど、美味しくいただけました。


■六厘舎TOKYO 名古屋・驛麺通り店
■2012年11月27日~12月25日

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2012-12-26 00:03 | ごはんの時間~華

丸小

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、お肉屋さん直営のがっつりお食事処「丸小」です。

通勤中に気になっていたお肉屋さん、その直ぐ近くに直営の食事処があったなんて。お昼時間、ちょっとだけ列が出来ていたので発見しました。これは行くしかない、ね。

ランチは、日替わりのおすすめランチ(800円~)、生姜焼き、ソテー、カツ、肉鍋、焼肉、各種ステーキなどとてもメニューが豊富です。さすがに黒毛和牛ヒレは3200円ですが、ほとんどが千円あれば食せます。
前払い制で、お金を払うとラミネートの食券を渡され、席に通されます。

1)ヒレカツ定食(900円)のメイン以外
b0233046_22311911.jpg
こちらは、すべての定食で「ごはん、味噌汁、サラダ、フルーツ」が食べ放題、バー形式になっており自分で取り分けます。その日のサラダはキャベツ千切り、玉ねぎスライス、トマト、青菜、マカロニ、ポテトの6種類。フルーツはオレンジとパイナップルだったかな。
前の人は、サラダ皿とフルーツ皿の二皿つを山盛りにしてました(笑)。

2)メインのヒレカツ部
b0233046_22315095.jpg
お盆に、先のセット盛り付けて席につき、ちびちび食べ始めました。10分経たないうちに、「16番のヘレカツ+カレーのお客さ~ん」と呼ばれ、自ら配膳場所にメインの肉を取りに行きます。
こちらのヒレカツは愛知県のブランド豚「田原ポーク」を使っています。ごろっとした三つの隗、それぞれ半分にカットされての登場です。スケールわかり難いけど結構ガッツリあります、女性には辛いかも。

b0233046_22321360.jpg
お肉のアップです。サクサクの衣に歯を入れると、もちっとしながらもしっとりとした食感。脂身はなく肉の味わいがストレートに来ます。ソースと洋辛子が添えられていますが、ちょっとつけるだけで十分に美味しいです。

3)定食に追加可能なミニカレー(+200円)
b0233046_22322710.jpg
心地よいスパイスに滑らかな食感のルー。お肉屋さんのカレーらしくホロホロに煮込まれたお肉が少なからず入っています。辛みの刺激はあまり強くないですが、ジワリと汗の出るレベルの辛さを持っており、アクセントにカツに掛けてもいいし、ご飯お替わりしてカレーライスにするのもよし。

お肉屋さん直営だけにお肉の質・量とも文句なし。食べ放題のごはんは不味いもの、と決めてかかってましたが、美味しくてちょっとびっくり。さらに豊富な種類のサラダにフルーツと、「たったこれだけ並んだだけで食せるの?」と思わせられる充実の昼食となりました。
平日のお昼ご飯としては、ちょっと高価ですけど、十分な価値はあると思います。


■丸小
■名古屋市中区東桜2-18-24 サンマルコビル 1F
■052-931-4015
■ランチ 11:30~14:30(Lo 14:00) ディナー 17:00~22:00(Lo 21:30)
 日祝定休
■http://www.h-maruko.co.jp


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2012-12-17 22:34 | ごはんの時間~洋

ヴィチーノ

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、グラスワインのセレクトもいい吹上の人気イタリアン「ヴィチーノ」です。

平日だったので、約10日位前で予約出来ました。ランチは前菜とプリモ、飲み物で1,800円、セコンドとドルチェが付いて3150円の二種類ありました。
前菜は2種、プリモは3種類、セコンドは魚か肉からの選択でした。

1)パン
b0233046_22293261.jpg
パンは、モチッしっとりな感じでまずまずよし。


2)北海道産天然ブリのカルパッチョ
b0233046_22295150.jpg
付け合わせは桃かぶ、柿、パプリカなど。野菜の食感はよかった。天然ブリは厚めのカットでプリっとしていたけど、全体的にちょっとオイリー。


3)長久手産有機野菜と季節野菜のミネストラ
b0233046_2246076.jpg
大豆、小麦と野菜たっぷりの具だくさんスープ。一口目、「ちょっとオイリーで旨みに欠けるな」と思ったのですが、生ハムを混ぜて食べるとビシッとフォーカスが合いました。添えられたパルメジャーのを加えると味わいの変化がさらに加わり更に良し。


4)サルシッチャとトレビス、カラブリア産トウガラシのミッレリーゲ
b0233046_22322125.jpg
サルシッチャがかなりスパイシーでエッジの効いた味わい。加えて粗目に挽いたお肉と皮の食感が大変食感がよく、セコンド的なボリュームもありました。とても美味しい。ミッレリーゲは写真のとおり、お肉に添えられている印象、でも、それでいいのだ。


5)短角牛の煮込みのスパゲティ
b0233046_22315133.jpg
肉はほろっと煮込まれていますが、旨みは出汁に出てしまってます。で、肝心のラグーなのですが振りかけられているチーズの量が多すぎて肉の旨みが活きてないように思えます。パスタのゆで具合はまずまずよかったのでちょっと残念でした。


6)三州豚のロースト
b0233046_22353646.jpg
素晴らしい火入れ。表面カリッで肉の旨みを閉じ込めています。文句なしの今日一番!

因みに、赤のグラスワインは3種。マシャレリのモンテプルチアーノ・ダブルッツォ、チェッレータのサンジョベーゼ、リナルディのランゲ・ネッビオーロとマニアックな品ぞろえ(笑)。グラスもワインに応じて最適なものをセレクトしてくれます。


7)鰆のポワレ、ジェノベーゼ
b0233046_22354914.jpg
好み的にはホンの僅かに火入れが強いかな、でも十分に美味しい。ソースがまた素晴らしく【濃縮された部分】はバケットで残らず掬い取りました。でも、なぜ、こんなに(オイル?で)薄める?


8)紅玉のパイ仕立て、牛乳のジェラート添え
b0233046_22362146.jpg
パイはとても良い出来だったと思います。牛乳のジェラートも濃厚で満足の一品。

食後はコーヒーを選択。エスプレッソは選択できず、コーヒーは入ってきたときよりサーバーで温めてあったものでした。もうちょっと高くてもいいので、出来立てがほしいな。
皿により若干の出来・不出来がありましたが、接客も気持ちよく楽しい食事となりました。また、再訪したいと思います。


■ヴィチーノ
■名古屋市千種区春岡通7-58
■052-762-3986
■11:30~13:30(L.O) 18:00~21:30(L.O)
 月曜日休日、火曜日ディナーのみ
■http://www.vicino.jp/


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2012-12-10 22:51 | ごはんの時間~伊

(ビッラルさんの)モジャカレー

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、新大阪駅1Fのインド人さんの日本式カレー「(ビッラルさんの)モジャカレー」です。

カレー強化週間継続中のりりたでありますので、出張時に無理やりカレー店に突入しました!
夕方18時位、先客はひとりでした。スタンダードなデフォルトっぽいモジャカレーかビーフカレーか選択に迷いましたが、「ビーフカレー700円(激辛+100円)」を注文しました。

結果・・・
あれ?ネギがのってる、まぁいいか100円やし、ネギ嫌いじゃないし。

ネギビーフカレー・激辛???(結局800円)
b0233046_0182621.jpg
ルーですが見た目通り、かなりトロみがあります。結構甘く感じるのは玉ねぎとかではなく果実由来かな?、トマトやワイン系の酸味は感じられません。複雑な味わいではありませんが、しっかり煮込まれておりコクがある、極日本的なカレーとなっています。お肉は脂身の多い切り落とし系。ネギのトッピングは「辛み」狙いではなく、清涼感というかハーブ的な要素を取り入れているのかな?意外と合います。

さて、激辛(20倍)を頼んだのですがそんなに辛くない、むしろ甘さを強く感じました。これで激辛なんでしょうか?LEEの10倍より大分とマイルドです。ひょっとしてネギと激辛間違われたのかもしれませんね。点在するカレー店の中で「コレだ!」と光るものは特に感じませんが、わりと美味しいのは確かだし、もっと辛いのを食べてみたいとも思いました。

■(ビッラルさんの)モジャカレー
■大阪市淀川区西中島5丁目16-1(JR新大阪駅1F「味の小路」)
■06-6886-0188
■11:00~20:00

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2012-12-06 00:18 | ごはんの時間~伽

とみ田@全国Walkerグルメフェスティバル2012

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、「中華蕎麦 とみ田」@松坂屋・全国Walkerグルメフェスティバル2012です。

関東圏に引っ越しにならない限り恐らく行くことはないだろう、千葉は松戸の名店「とみ田」が松坂屋に登場!ということで超行列覚悟で行ってきました。
土曜日の丁度昼頃ということで、最低1時間の行列は覚悟していましたが、意外と空いており約30分足らずのうちにテーブルに。


1)つけ麺の麺
b0233046_2341715.jpg
黄色がかかっており、全粒粉のようなつぶつぶが見られます。モチッとした食感は、太麺と相まってかなり食べ応えあり。並盛り300g800円はお店と同じありがたい価格設定ですが、女性にはちょっとキツいかも。


2)つけ麺の出汁
b0233046_2344210.jpg
粘度はかなりあるのですが、麺が沈まない「群青」ほどではありません。でも、豚と鯖や煮干しなどの魚介がお互いにはっきり主張しているスープは「それぞれが分かりやすい」味わいで、しかもきちっと調和しているところが素晴らしい!ゆずもいい感じで効いていました。


3)炙りチャーシュー+味玉(+200円)
b0233046_2345891.jpg
チャーシューはちょっとだけ厚めのバラ肉。つけ汁の中にはいってあるものとは違いしっかりした食感で、肉の味わいがよく出ていました。

あー美味しかった。でも、ちょっと残念だったのは「ひやもり」だたので、つけ汁がかなり早い段階でぬるくなってしまったこと。
本店ではどちらがデフォルトなのか知りませんが、「あつもり」が食べたかったな。


■とみ田(全国Walkerグルメフェスティバル2012@)
■松坂屋名古屋店 本館7F大催事場
■2012/11/28(水)~12/3(月)


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2012-12-03 23:05 | ごはんの時間~華

名古屋での美味しいもん、食べ歩きです。
by ririta11kg
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

最新の記事

唐獅子
at 2013-11-05 01:04
東洋軒 名古屋三越店
at 2013-10-20 00:10
せと
at 2013-09-29 18:13
つづみそば
at 2013-09-27 00:49
細江屋
at 2013-09-23 23:26

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな