りりたのにゃごやんぱとろ~る

<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

とんちゃん屋 がんこちゃん

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、煙もくもくホルモン店「とんちゃん屋 がんこちゃん」です。

どうも「テッチャン」のことを名古屋では「とんちゃん」と言うみたいで、いや、そんなことはどうでもいいんですが、美味しいホルモンが安く(←重要)食べることが出来る、ということで突入してきました!

1)味噌とんちゃん(250円)
b0233046_205184.jpg
この味噌とんちゃんとキュウリが、お通しで出てきます。これを食べに来るお客さんが多いし、看板メニューなので良心的です。肝心のとんちゃんは強くない味噌で美味しく味付けがされており、炭火で焼くととても良い感じになります。

2)イベリコ豚(680円)
b0233046_2051374.jpg
おそらく、いっちゃん高いメニューですが、とてもジューシーで旨みがあります。食べ応えも十分です。

3)さがり・塩味(580円)
b0233046_2052946.jpg
横隔膜の肋骨側です。美味しいです。文句無いです。

4)ハツ・塩味(380円)
b0233046_2054342.jpg
心臓です。ぷりぷりの食感です。やっぱり美味しいです。
他にも、タン・塩味(580円)、こぶくろ・みそ味(480円)、激辛とんちゃん(280円)、レバー・みそ味(380円)、トントロ・塩味(600円)、ピリ辛ウインナー(450円)を頂きました!

5)太ねぎ(価格失念)
b0233046_206797.jpg
野菜も、この他にキャベツ(これがまた激ウマ)、長芋。太ねぎを食べるときは、男性の女将(笑)が、火を弱火にしてくれて「じっくり表面を焦がした上で中だけ食べて」、と。ねぎのホクホク・サクサクの食感に甘みがじゅわ~と湧き出ており、大変美味でした。

基本的に殆どのホルモン(肉)が塩味とみそ味なので味的には似たような傾向がありますが、それぞれ大振りにカットしてくれており、部位特有の食感を楽しめるので飽きません。ただ、ポーションが大きいので多めの人数で訪問するのがオススメです。


■とんちゃん屋 がんこちゃん
■愛知県名古屋市中区栄5-26-20
■052-251-8123
■18:00~23:00 日曜休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2011-12-23 20:07 | ごはんの時間~和

天ぷら新宿つな八 名古屋店

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、高島屋でのランチはここ!「天ぷら新宿つな八 名古屋店」です。

高島屋でランチ!と言えば我が家のテッパンは「天ぷら新宿つな八」。名古屋でも当然、出撃です。

1)上昼膳(1,995円)
b0233046_23252360.jpg
海老2本、ピーマン、白身魚、椎茸海老詰め、帆立貝、茄子、烏賊、小海老のかき揚げ、お揃い
通常の「昼膳」に加え、椎茸海老詰め+帆立貝+烏賊で、700円程度のアップです。3回に分けて熱々で供されます。
b0233046_23254482.jpg
京都店に比べ、揚げ具合がしっとり系で好みから言うと京都店に軍配。加えて「小海老のかき揚げ」が若干寂しいかな。


2)つな八天丼(1,680円)
b0233046_23314661.jpg
サラダ、海老、穴子、白身魚、ピーマン、茄子、小海老のかき揚げ、味噌汁、香の物
天ぷらにかかっているタレがとても良い。色は東京っぽく濃厚系だけど、出汁味が強く好みの味わいです。ご飯そのものとの相性もよく、大満足の天丼でした。

同じ「新宿つな八」でも、地域によって千差万別。全国食べ比べるのも面白いかも知れませんね。
因みに京都店であった「高島屋カードを見せてソフトドリンクorビールorワインを一杯サービス」ちゅう企画はこちらではやってませんでした(笑)。


■天ぷら新宿つな八 名古屋店
■名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズタワーズ 13F
■052-533-0131
■11:00~23:00 (L.O.22:00) 不定休
■http://www.tunahachi.co.jp


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2011-12-21 23:27 | ごはんの時間~和

Le Supreme (ル シュプレーム)

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、名古屋は栄生の人気ベーカリー「ル・シュプレーム」です。

名古屋市内では、鶴舞のスーリープと双璧をなすベーカリーの名店「ル・シュプレーム」の紹介です。ちょっと前ですが、松坂屋でグルメWalker展をやっていた時のものです。


オリーブのパン(左:300円)
ノア・レザン(右:160円)
b0233046_120358.jpg
オリーブパン:半分にカットされたオリーブがたっぷりと入っているが、アンチョビ風味が強く、ちょっとケンカしている感。
ノア・レザン:胡桃の香ばしさ、そして大粒レーズンの酸味と甘みが活きており、これはとても美味しい。

栗とカシスのパン(360円)
b0233046_1201952.jpg
ノア・レザンと生地は同じかと思いますが、こちらは栗がきいていて少し甘めに思います。食事やワインに合わせるというより、おやつに近い感覚かも。

ハード系パン好きとしては、かなり気に入りました!ちょっと遠いので近いといいのに・・・。


■Le Supreme (ル シュプレーム)
■愛知県名古屋市中村区栄生町7-8
■052-471-3667
■10:00~19:00 月曜休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2011-12-18 01:19 | ごはんの時間~家

冷凍味噌煮込うどん@山本屋総本家

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、麺が柔い味噌煮込みうどん@山本屋総本家は美味しいか?です。

初めて食した時、あまりの麺のカタさに、「もうちょっと麺を煮込んだものをもう一回食べたいけれど、お店にお願いする勇気はないにゃ~。」と思ったものでしたが、近くのスーパーにオフィシャル・冷凍麺があるのをみて、固いなら、柔く作ってみせよう、ホトトギス♪、ということで購入しました。

味噌煮込うどん
b0233046_2374216.jpg
箱ウラの作り方通りにすると、予想通り麺は固ったカタだったので、余分に煮込むこと5分あまり。どうにか箸がむみゅっとめり込む位に柔らかくなりました。で、盛ってみたのがこの写真です。
結論から言うと、芯の2割位は柔らかくなりませんでしたが、これはこれですごくいい感じの食感となりました。もとより、出汁には満足していましたので、とても美味しくいただきました。冷凍品4割引だったので、360円の幸せ、でした。


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2011-12-12 23:09 | ごはんの時間~家

あっぱれだこ

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、新栄のこだわり蛸焼きやさん「あっぱれだこ」です。

残業の夜食に頂いてから、すっかりファンになってしまった、「あっぱれだこ」を紹介します!

たこ焼き(ソース)
b0233046_22283727.jpg
基本の味は「ソース」「しょうゆ」「ポン酢」「岩塩(白とピンク)」「塩だれ」「塩こしょう」から選択できます。
中のとろッ具合と蛸のぷりっ感がとてもいいです。写真はソースですが、生地に出汁感が大分とありますので、あっさりした「しょうゆ」がイチバンのオススメです。ネギとマヨネーズは「ヌキ」「だく(有料)」が選べます。

たこ焼き(おろぽん)
b0233046_22285497.jpg
こちらは、大根おろしとポン酢の「おろぽん」です。

通常のたこ焼きに加えて「外カリッ」が際立つ揚げたこ焼き、各種焼きそばや串カツなどメニューも豊富。お店の中に食べるところはなく、歩道の1テーブル(椅子4脚)のみ。これから寒くなって来るにつれ、お持ち帰り機会急増の予感がいたします。

■あっぱれだこ
■愛知県名古屋市中区新栄1丁目6-3 シャインビル1F
■052-263-6280
■[月~金] 12:00~23:00
 [土・祝] 12:00~20:00
■http://aparedako.web.fc2.com/index.html

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2011-12-10 22:34 | ごはんの時間~和

台湾ラーメン@味仙 矢場店

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、元祖台湾ラーメン「味仙 矢場店」です。

名古屋のB級グルメの代表格「台湾ラーメン」の発祥の店(の支店)に突撃しました!

1)台湾ラーメン:580円
b0233046_23303469.jpg
ウリである辛味はそれなりに強いですが、鶏出汁がきっちり出ており美味しい。麺もりりた♂の好きな粉っぽくしっかりしたタイプでやっぱり好みです。食べるにつれて汗がダラダラ流れてきます。それにしてもスパイスィ~。

2)味仙ラーメン(アサリ麺):790円
b0233046_23305685.jpg
今日のイチバン!アサリの濃厚な出汁とやっぱり辛味のハーモニー。気のせいか、台湾ラーメンに比べて、麺も若干太めでより好み。

3)ニンニクチャーハン:420円
b0233046_23312083.jpg
にんにくムンムン、ムンムン、ムンムン、でも旨っま~。翌日まで香りそう、でもんんま~。これに尽きます。

4)麻婆豆腐:580円
b0233046_23313991.jpg
残念ながら、こちらはイマイチかな。スパイスの妙というか、複雑さが足りない。

美味しいのだけど、(少なくともその日中は)何も食べたくない位に胃にインパクトのある料理で、多分ニンニク臭っさ~です。
でも暫く経つと、また行きたくなる、「無鉄砲」のようなお店だな~。


■味仙 矢場店
■愛知県名古屋市中区大須3-6-3
■052-238-7357
■昼 11:30~14:00. (土・日15:00)
 夜 17:00~翌1:00 (金・土17:00~翌2:00)
■http://www.misen.jp

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2011-12-06 23:32 | ごはんの時間~名古屋めし

トラットリア チェザリ

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、カジュアルイタリアンの超人気店「トラットリア チェザリ」です。

真のナポリピッツァ協会認定店。2010年に、世界ピッツァ職人世界選手権のピッツァナポレターナS.T.G.(メイン)部門で優勝した牧島昭成さんのお店です。世界最高クラスのピザを食べたくて突入しました!

ランチメニューは、
1)サラダ前菜+お好みのナポリピッツァ(950円)
2)サラダ前菜+お好みのスパゲッティ(950円)
3)前菜の盛り合わせ+お好みのピッツァorパスタとパン+本日のドルチェ(1,500円)
の三種類。

今回は、3)とアラカルトで本日の魚の釜焼き(黒鯛:1,750円)をお願いしました。

1)ミネストローネ
ビジュアル的には普通なので、写真は載せませんでしたが、野菜の旨みが溶け込んでいるとても美味しいスープでした。

2)前菜の盛り合わせ
b0233046_0581636.jpg
-海老のフリット
-蛸のマリネ
-ハムのキッシュ
-生ハムとルッコラのサラダ
蛸は普通だったけど、ハムのキッシュはチーズがほどよく効いており、フリットの食感も抜群でした。満足の一皿。

3)ピッツァ・マルゲリータ・エクストラ(+300円の水牛のモッツァレラバージョン)
b0233046_0583867.jpg
所感ですが、これは協会認定のナポリピッツァではないと思います。生地は生のビール酵母と小麦、塩、水のみで構成されるべきというのが協会の条件ですが、これはドライイーストや油分を使ったように感じました。モッツァレッラも、たくさん乗っているように見えて一つ一つが薄く、ミルキーさがあまり感じられませんでした。

4)黒鯛の釜焼き
b0233046_059390.jpg
ちょっとだけ焼きすぎ感はあったけど、まぁそれはイタリアでもよくあること(笑)。身には程よく火が通っていてホコホコ美味しかったです。上等。

5)ドルチェの盛り合わせ
b0233046_0592357.jpg
-薪窯焼きプリン
-パンナコッタ
-ベリーのソルベ

同じ協会認定店である「さくらぐみ」や「チーロ」のマルゲリータは、価格は高いけれど、ナポリで食べたピッツァを感じましたが、こちらはちょっと残念な結果となりました。
協会認定店だから供されるピッツァはすべてその基準にのっとっている、と誤解して、期待しすぎたのかも知れません。勿論、一般に提供されているピッツァのレベルは凌駕していますし、この価格でこれ以上の高望みはするべきではないのかも知れませんが。
クオリティの高いピッツァを安く提供したい、という姿勢は大変高く評価したいと思いますが、協会の規定にのっとって作られたものとそうでないものは、もっと明確にするべきではないでしょうか。

ピッツァに関してはちょっとネガティブな感想になってしまいましたが、このお店の「価格に対するクオリティ」は十分にあると思っていますので、また行きたいと思いました。

■トラットリア・チェザリ
■愛知県名古屋市中区大須3-36-44
■052-238-0372
■[月~金]11:00~15:00(L.O.14:30)
     18:00~22:30(L.O.22:00)
[土・日・祝]
11:00~22:30(LO.22:00)
 水曜日・第一第三火曜定休日
■http://cesari.jp


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2011-12-04 01:03 | ごはんの時間~伊

シロノワール@コメダ珈琲 oishii

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、喫茶王国・名古屋における横綱・コメダ珈琲のスペシャリテ「シロノワール」です。

名古屋に来てびっくりするのが、道路の広さと喫茶店の多さ、そしてその駐車場の混み具合。しかも、目に付く喫茶店の半分位(自分調べ)がコメダ珈琲じゃあないですか。そんなコメダ珈琲に「シロノワール」というのスペシャリテがある、と話に聞いて早速突撃してまいりました!
b0233046_2125182.jpg
熱いデニッシュと冷たいソフトクリーム、黒っぽい生地のデニッシュに白いソフトクリーム。この対比がシロ(日本語の白)ノワール(フランス語で黒)という名称の由来だそうです。
さて、実際に食べたのはミニシロノワール(390円)。通常のシロノワール(590円)からすると体積比は推定1/3ですが、十分に食べ応えあります。そして、甘めのデニッシュとソフトクリーム、それぞれの素朴な味わいと温度対比具合が素晴らしい!正直、ちょっとびっくりする位です。
b0233046_213574.jpg
こちらは、ドリンク料金+無料のモーニングサービス(二人分)と+100円の小倉餡。名古屋のモーニングでは、小倉サンド叉は小倉餡のせ食パンはあたりまえ・・・らしい。実際食べてみたら、やっぱり合う(笑)。

奥が深い、名古屋喫茶。暫く探求は続きそうです。

■コメダ珈琲 富士見橋店
 (各店メニューはおそらく共通です)
■愛知県名古屋市中区千代田4丁目1?29
■052-350-5055

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2011-12-01 02:16 | ごはんの時間~名古屋めし

名古屋での美味しいもん、食べ歩きです。
by ririta11kg
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

最新の記事

唐獅子
at 2013-11-05 01:04
東洋軒 名古屋三越店
at 2013-10-20 00:10
せと
at 2013-09-29 18:13
つづみそば
at 2013-09-27 00:49
細江屋
at 2013-09-23 23:26

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな