りりたのにゃごやんぱとろ~る

カテゴリ:ごはんの時間~名古屋めし( 18 )

我楽多文庫 昭和ビル店

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、旅行者にはとてもいいかも、美味しい名古屋メシがいろいろ味わえる「我楽多文庫 昭和ビル店」さんです。

来客に、名古屋メシを一度に色々楽しんでもらおうと、この居酒屋さんをチョイスしました。栄の繁華街すぐの立地ですが、ちょっと分かりにくい階段を下ると、そこは「昭和ビル店」だけに?昭和の雰囲気が漂う店構えでした。

1)味噌おでん
b0233046_1751541.jpg
たまご、こんにゃく、厚揚げ、大根、じゃが芋、牛スジが入っています(バラでも注文できます)。コッテリそうに見えますが全くそんなことはありません。とても円やかで優しい味付けになっており、いくらでも食べることができます。


2)どて煮
b0233046_175348.jpg
どて焼き(実際は煮る)は大阪名物だけど、「どて煮」は名古屋というか中京名物っぽい。こちらも味噌おでんと同様に優しい味わいになっています。


3)味噌串カツ
b0233046_17532756.jpg
串カツもやっぱり東京や大阪でも食べますが、どて煮のタレを潜らせるとやっぱり名古屋メシになります。大阪のウスターソースも美味しいけれど、味噌カツ最強!


4)鶏皮せんべい
b0233046_1754766.jpg
風来坊や山ちゃんで有名な、名古屋の手羽先。こちらは、鶏皮せんべいと呼ばれています。山ちゃんほどではないですが結構辛いです。


5)じゃこと九条ネギのサラダ
b0233046_17542783.jpg
特に名古屋メシではないけれど、野菜がないとね・・・ということで頼みました。もうちょっと九条ネギのボリュームが欲しかったかな。


他にも、海老天むすや鶏ちゃん、各種名古屋コーチン料理を味わえます。きしめん、あんかけスパや台湾ラーメン等の麺系やひつまぶしがあれば完ぺきだったけど、味噌文化の伝道には全く問題がないと思います(笑)。出てくるスピードもまずまず速く、接客もはきはきしており楽しいひと時を過ごせました。コスパも良かったですよ。


■我楽多文庫 昭和ビル店
■名古屋市中区栄4-3-26 昭和ビル B1F
■052-241-4488(問い合わせ)
■ランチ 月~金 11:30~13:30
 ディナー 月~土 16:30~23:00(L.O.22:30) 日曜祝日定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-09-07 17:54 | ごはんの時間~名古屋めし

コンパル 栄東店

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、名古屋喫茶店の定番!「コンパル 栄東店」さんです。

名古屋の喫茶店と聞いてまず思い浮かぶのが「色々ついてるモーニング」。それを目的に、コメダ珈琲と双璧のようなイメージのコンパルさんに突入しました。

1)コーヒー(380円)+モーニング(+130円)
b0233046_23471964.jpg
注文した後分かったモーニング別料金。おぉ、そういえば壁にも「モーニング+130円」とでかでかと貼っています。名古屋の喫茶店は、最低でもトーストとゆで卵がついていて当たり前、と高をくくっていました。
しゃーないな、店間違えたかな、とコーヒーを一口。うん、美味しいじゃないですか。これなら十分、単品で380円出す価値のあるコーヒーだと思いました。


2)モーニングのハムエッグトースト(+130円)
b0233046_23475251.jpg
コチラも美味しい。キャベツとソースや卵が絡んでとても美味しい。単品のハムエッグトーストは600円。でも、一切れ少ないだけで、この価格で食せるのはありがたいです。無料でトーストと茹で卵がついているより、嬉しいです。


3)エビフライサンド(890円)
b0233046_23482328.jpg
名物ということで、コチラも頂きました。メニューの写真では縦に3切れなのですが、こちらが4人連れなので4当分してくれました。ちょっとした心遣いが嬉しいです。たっぷりなキャベツ、からっと揚がった衣とぷりぷり海老がとてもよかったですが、インパクトとしては、先のハムエッグトーストの方がありました。

コーヒーに無料でいろいろ付いてくることで有名な名古屋のモーニングですが、こちらは、別料金ですがコーヒー・モーニング共に十分に支払う価値のある内容であることが分かりました。

■コンパル 栄東店
■名古屋市中区栄3-5-12 栄 森の地下街 南一番街
■052-951-5188
■8:00~21:00 元旦休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-31 23:49 | ごはんの時間~名古屋めし

たいら

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、名古屋名物?焼きトンカツの名店で舌鼓、「たいら」です。

お昼のメニューは店内の黒板に書かれています。
基本の焼とんかつ+ハンバーグor唐揚げor白身フライでそれぞれ880円。orエビフライで930円、焼きとんかつ定食が780円、ヘレになると880円です。
事前に調べていた肉厚の(上)焼きとんかつは、夜専門のメニューだったようで食せませんでした。

焼とんかつ+海老フライ定食(930円)
b0233046_2322512.jpg
メインの皿には、焼きとんかつと海老フライ、カレー風味のスパゲッティ、キャベツ、パセリです。ご飯に赤だし、お漬物に、本日の小鉢はおでんの大根とちくわでした。
b0233046_2324222.jpg
鉄板で焼くとんかつは、やはりちょっとまだら模様で見た目はイマイチ。でもサクサク感はしっかりあるうえ、油っこさはあまり感じません。豚の旨みもしっかり閉じ込められています。
b0233046_233157.jpg
でも、今回特に良かったのが正直焼きとんかつの付録くらいに考えていた「エビフライ」。色合いは少し揚げすぎ感もあるのですが、とにかく身が締まっていてプリプリ感が抜群に良かったです、うっま~。尻尾もパリパリで大変美味しく頂きました。
b0233046_2331911.jpg
定食では必ずチェックする「ご飯」。こちらは、特に可もなく不可もありませんでした。

定食としてのコスパは普通でしたが、メインがサクッと美味しいし、フライ物なのに重く感じなかったのはとても嬉しいです。
接客も気さくで感じが良く次回は是非、(上)焼きとんかつを味噌ソースで食べてみたいと思います。


■たいら
■名古屋市千種区今池5-8-9
■052-731-4555
■11:30~14:00 17:30~21:30 月曜定休、日曜不定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-08-08 23:03 | ごはんの時間~名古屋めし

ころうどん@信濃屋

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、名古屋めしシリーズ、「ころうどん」発祥な多治見の「信濃屋」です。

多治見駅から線路沿いにおおよそ5分の距離、昭和初期を思わせる佇まいのお店です。13時過ぎの到着でしたが行列はありませんでした。

1)ころかけ(並:660円)
b0233046_239732.jpg
麺はかなりの太麺。手打ちらしく太さがまちまちですが、細めの柔らかいところと太めのもちもちしたところの食感の違いもいいです。最初の食感はふわっとした柔らかさを感じるのだけど、歯が食い込む程にもちもちな弾力感が増してきて、そして、「むっちん」と切れる、独特の食感。出汁はかえしそのものかと思える濃厚な色合いですが、鰹節系+薬味(特にしょうが)の味わいがきっちりと効いています。


2)支那そば(並:880円)
b0233046_2392711.jpg
出汁は、ころかけとベースが同じだとは思いますが、油分が入っているからなのか、より円やかさが加わり、甘さも増しているように感じました。正直、かなり甘いのですがついつい飲み切ってしまう美味しさを持っています。
b0233046_23102734.jpg
麺はきしめんのように幅広。「ぷりゅ」とした、わずかにゴムっぽい食感が特徴です。


3)ころうどん(並:660円)
b0233046_23115449.jpg
こちらは、単純に1)の熱い出汁バージョンです。こちらは温かいせいか、麺のモチモチ感がかなり少なく、残念ながら魅力的な食感ではなくなってしまっています。
b0233046_23121487.jpg


b0233046_2312369.jpg

1杯食するに大人の男性ならば5分と掛からない位のボリューム。また、具もなく薬味だけで頂きますので決してコスパがいいとは言えないうどんですが、この「ころかけの食感」は一食の価値あり!と思います。もうちょっと名古屋中心部軽だと気軽に行けていいのですが。



■信濃屋
■岐阜県多治見市上野町3-46
■0572-22-1984
■11:30から売り切れまで
 日曜・月曜・火曜休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-06-17 23:13 | ごはんの時間~名古屋めし

天むす千寿 oishii

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、生まれは津市(三重県)な名古屋めし、天むす「千寿」です。

先日大須をチャリで通りかかったところ、昔風の定食屋さんな外観で行列を発見、家帰って検索してみたら、天むす発祥店の暖簾分けされた店だとか。おぉ、そういえば名古屋に来てまだ「天むす」食べてなかったや、と速攻訪問しました。

b0233046_2322216.jpg
休日の12時半位ですが、暖簾をくぐると、二つのテーブルの内ひとつが開いていました。ラッキーです。雨降りなのがよかったのかな。
メニューは「天むす」のみ。5個セットで735円、1個追加で+147円となっています。注文してから5・6分で、写真のような状態で供されました。
b0233046_23221818.jpg
ごはんは見るからにぷりっぷりでとても美味しそうです。おむすびは男性二口サイズ位で、ちょろっと海老の天ぷらが顔をだしています。

さて、実際に食べてみると、ご飯の味わいは見た目そのまま、とても美味しい。もちっとしているのですが、ツブが立っているシッカリとした食感。やはりおむすびはご飯が命、を実感します。
b0233046_2322482.jpg
半分頬張ります。中の衣は「サクッ」ではありませんでしたが、ご飯との調和は素晴らしく、ちょっと出汁っぽい味わいがあります。おにぎりの塩加減も天ぷらの美味しさを引き立たせており、「こりゃ美味い!訪問正解!」と心の中で叫んでしまいました。
海老も小さいけどもぷりっとしており、ご飯と天ぷらのバランスも絶妙です。
b0233046_2323842.jpg
お皿にそえられているのが「きゃらぶき」。海苔の佃煮ふうな味付けで蕗のくきを炊き込んだものです。これもまた天むすによく合っています。ひとり5個はちょっと多いかなと思ったのですが、ぺろりと平らげてしまいました。

食事している間にも、注文の電話や来客が絶えず、とても繁盛していました。でも、接客は丁寧で朗らか、人柄というかお店柄がすごく出ておりとても居心地が良かったです。


■天むす千寿
■名古屋市中区大須4-10-82
■052-262-0466
■【テイクアウト】8:30~18:00(売り切れ次第閉店)
 【イートイン】12:00~14:00(L.O.)火・水休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-05-12 23:27 | ごはんの時間~名古屋めし

はせ家

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、サラリーマン・OLでランチ大賑わい!人気のハンバーグ食堂の「はせ家」さんです。

12時10分頃到着しましたが、すでに満席でした。席数が約45席ほどあり、10人掛けのような大テーブルが二つもあるため、大人数から一人まで柔軟に対応できそうです。

ソースは、名古屋の名物・ケチャップ味の「イタリアン」、ハンバーグやさんならではの「特製ミートソース」、どうも一番人気?なカレー味「インディアン」から選択できます。


特製ミートソース・鉄板スパゲティ大盛(900円)
b0233046_23141053.jpg
注文してから、20分程、ハンバーグランチと同様ジュージュー音を立てながら丸い鉄板でサーブされます。
名古屋らしい?インパクトのあるソースではなく、思ったよりあっさりめ。肉の食感もそんなに強くはなかったですが、肉の旨みはちゃんと感じられ美味しかったです。見た目はたっぷりかかっているのですが、なにせ大盛りなので行き渡らない。ミートソースをじっくり味わうには普通盛りがおすすめです。
b0233046_23143410.jpg
ご覧の様に、卵は供される直前に流し込まれるようで、ほとんど半生。食べながらパスタとの絡み具合をいろいろ堪能できるのでいい感じです。
また、鉄板が超熱々なので、パスタのボリュームはあれど、食べ終わるまでしっかり温まっていたのはうれしいですね。

因みに、特製ミートソースとインディアンは創業63年以来レシピは変わっていないようです。今度はインディアンに挑戦してみたいです。


■はせ家
■名古屋市東区泉1-21-1
■052-971-3192
■[月~金]8:00~14:30、17:30~21:00(L.O.20:30)
 [土 (第3週目を除く) ]8:00~14:30 日・祝・第三土曜日休日



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-03-11 23:15 | ごはんの時間~名古屋めし

サヴァラン

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、これはもう文化だね、おっさんだらけのパスタ屋さん「サヴァラン」です。

席数は25席ほど。昼少し過ぎ位なのに満席です。もちろんおっさんとお兄さんで95%。
これだけの席数を厨房ひとり、配膳ひとりで回しています。よって、着席後20分位でサーヴされたのは、なかなか良いオペレーションだと思います。

カントリー(ウインナー2本のせ)の大盛り:750円+100円
b0233046_230567.jpg
見た目は、すこしグロテスクとも言えなくない程「ぼにょん」とした餡が全面にかかっています。片栗粉率が高そうです。先のユウゼンよりも胡椒インパクトは少なくちょっとマイルドな感じです。あまりにも巨大なので具は少なく感じてしまいます。

b0233046_2311599.jpg
麺は太くてもちもちっとしており、普通の乾麺のパスタのようにハネることがなく、さらに麺の太さ、餡の粘着率の高さゆえ、フォークをぐるぐる回すとすぐに口に収まり切れないくらいに巻かれていきます。ガッツリのボリュームを昼休みの限られた時間にガッと食べるまさにおっさんのための食べ物ですな。


隣のお兄さんは、「盛り合わせ」を頼んでいました。盛り合わせとは、ポークピカタ・ミンチカツ・ハムエッグ、サラダに加えご飯orスパゲッティorご飯スパのHalf&Halfが40cm×30cm位のお皿に盛ってあるランチセットです。うわぁ。

とにかく、店(パスタ屋さんとしての)の雰囲気、料理のビジュアル、ボリューム、味付けのすべてが、「女性客をまったく当てにしていない」ようにしか見えないところが、潔くて好きです。
同じ、あんかけスパゲッティの大箱な老舗ユウゼンと歩いて5分ほどの距離なのに、この盛況。これはもはや名古屋のおっさん文化だ。


■サヴァラン 本店 (SAVARIN)
■名古屋市中区東桜2-22-22 曙ビル1F
■052-932-2185
■[月~金]11:00~21:00(L.O)、[日]11:00~17:00(L.O)
 [土・祝日]11:00~20:00(L.O)、不定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-03-07 23:02 | ごはんの時間~名古屋めし

ユウゼン

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、驚異のおやじ率を誇るあんかけスパゲッティ屋さん「ユウゼン」です。

あんかけスパゲッティとは、名古屋特有のスパイシーな餡で食する太麺パスタのことです。先日の県民ショーでは「おやじの食べ物」とのことでしたが・・・。


お店に着いたのは12時10分頃。地下に続く階段をおりてドアを開くと・・・・・聞きしに勝るおやじ天国でした。かなりの大箱(40~50席)な印象のある店内は満席に近く、ほとんどがおやじとお兄さんで占められています。女性は2人だけでした、度胸あるな。

メニューにはぱっと見て10種類以上のパスタメニュー。初めての今回は、一番スタンダードなもの、と決めていましたので「ミックス」。ボリュームは0.8、1.0(ベース280g)、1.2、1.5、2.0人前から選べますが、今回は1.2で注文しました。

1)ミックス1.2(870円)
b0233046_23371472.jpg
見た目、結構なボリュームがあります。改めてメニューを見ると1.2は380g、なるほどです。380÷280=1.36。ちゃうやん。因みに1.5では約2倍、2.0では2.5倍のボリュームなので注意!です。
具材はどうもミラネーズ+カントリーなようで、「ウインナー」「ベーコン」「マッシュルーム」(以上、ミラネーズ)「玉ねぎ」「ピーマン」「トマト」「コーン」(以上、カントリー)と具だくさん。フォークをくるくる巻くと、意図しなくてもウインナーが付いてくる位です。味わいはかなり胡椒が聞いていますが「濃厚」な印象はありません。


2)麺のアップ
b0233046_23373484.jpg
麺は最初の一口こそ、油の香り(麺だけ油炒めしているようです)にムッとしてしまいましたが、すぐに慣れてもちもちの食感を楽しめます。なかなか、良い「もちもち」、ですよ。


3)地上にあるサンプル(よくばりセット:910円)
b0233046_23375799.jpg
地上には二種類のパスタとカレーがワンプレートで楽しめる「よくばりセット」のサンプルがありました。
周りでは、ミックス、スパニッシュ(スペイン風オムレツ乗り)、ポークピカタ、そしてあんかけスパ・エビフライ・焼肉・ウインナー・ご飯がワンプレートに乗ったBランチ(810円)がよく注文されていました。


昼時にはちょっと待つ必要があるようですが、おやじが多いせいか回転が割と速いようです。普通のパスタやさんは女性比率が高くてあまり行こうとは思いませんが、ここならりりたの「腹いっぱいパスタ欲」を満たせてくれそうです。
次回は、なんにしようかな~♪




■ユウゼン
■名古屋市中区新栄町3-13 加藤ビルB1
■052-972-6722
■〔平日〕 11:00-22:00 〔土・祝〕 11:00-20:30 〔日〕 11:00-17:30 無休
■http://www.ankake-yuuzen.jp/


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2013-03-03 23:39 | ごはんの時間~名古屋めし

2012年NAGO-1グランプリ

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、2012NAGO-1グランプリで食べたもの・・・・備忘録です。

真麺流 八双さんの名古屋コーチン釜玉らーめんがグランプリ、がブリチキンさんの「からあげ」が準グランプリだったNAGO-1グランプリ。両屋台とも比較的長い行列で、やはりこういう系統は先ずは食べてもらって、票を稼ぐのだな、と実感。

りりた的には判官びいきではないけれど、「待ち行列が殆どなく」「琴線に触れるもの」ということで、この4種を頂きました。どれも美味しかったですよ~。

1)名古屋コーチンたまご☆えびカツバーガー
b0233046_23285863.jpg
名古屋コーチンたまごは、あぁそうですかって感じで普通。でも、カツの中にはぷりっぷりの海老がたっぷり入っていました。食べ応えがありました

2)あっぱれ尾張!イケ麺バーガー
b0233046_23292735.jpg
中の焼きそばは、昨年度NAGO-1グランプリで優勝した瀬戸焼きそば。ソースの代わりに豚肉の煮汁をダシにした醤油味が特徴です。細めの縮れ麺はどことなくジャンキーで、それを包んでいる玉せんとの相性は意外に良いです。

3)粉雪ポークのミートボールとイタリア風カレー
b0233046_23295350.jpg
粉雪ポークはしっかりした肉質で旨みあります。これにトマトを強く効かせたカレーとういうか、ミートボールのトマトソースにカレー風味を加えた感じなのかな。ご飯が乾いてて残念。

4)サボトンバーガー
b0233046_23302534.jpg
見た目食べにくそうですが、ぎゅっと縦に潰すとバンズに具材がめり込み食べやすくなります。
b0233046_23304971.jpg
地元のブランド豚「市ばん豚」を使っているジューシーで旨みのあるパテ、パリっと香ばしく焼かれ、いい感じにボソッとしているバンズは見た目同様に味わいにも存在感があります。これにやさしい味わいのサボテン(春日井ノバル:食用)入りのソースが絡んでとても美味しい。本日の一番です。


どれも名古屋近辺のソウルフードが一味ふた味、工夫されて使用されており、地元の方にはたまらん料理の数々だったのではないでしょうか。
もちろん、りりたも十分に楽しめました。


■2012年NAGO-1グランプリ
■ナディアパーク南 矢場公園
■10月12日(金)~21日(日)


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2012-11-06 23:31 | ごはんの時間~名古屋めし

奥三河鶏のチキン南蛮 信長風@ブルワーズハウス

本日のにゃごや(名古屋)ンぱとろ~るは、清須ワン・グランプリ参加中の「」信長風ってなに?です。

前回の続き、キリンビアパーク内にあるレストラン「ブルワーズハウス」での飲食編です。

b0233046_22515917.jpg
先ず、国産ビールの中で一番好きなブラウ・マイスター(525円)。そして工場直送ラガー(504円)をジョッキで。
メニューをめくると、一見通常のファミレスのランチメニューに近いラインナップ。
でも中には「手羽の唐揚」「あんかけスパ」「明宝ハムのピザ」「名古屋どてめし」、お肉の産地も「飛騨牛」とか「奥美濃古地鶏」など名物・地産メニューがちらほらあり、好感がもてます。

ビール酵母フライドポテト(420円)
b0233046_22521951.jpg
ビール酵母を使うとどうなるのかは全然分かりませんが、外サクサクで中ホクホクでとても美味しい。炭水化物の塊なのに~、止められない止まらない。

ポークラグーカツレツ 黒ビールソースがけ(1,134円)
b0233046_2253119.jpg
サクサツのカツレツ。脂身は少し多めだったけど、旨みがある。ソースは肉汁に黒ビールを煮詰めてコクを出しておりとてもいい感じ。ビールが進みます。

ここで、流行の一番搾りフローズン<生>(735円)
b0233046_22531986.jpg
泡がシャリシャリしてます、面白い。-5度の泡がフタをして30分も飲み頃を保つそうです。

奥三河鶏のチキン南蛮・信長風(1,029円)
b0233046_2254495.jpg
メニューには載ってませんが、言えば出してくれます(12年7月中旬)。織田信長をキーワード(赤・南蛮・辛い等)に清須産調味料と愛知産食材を使ったB級グルメグランプリ「清須ワングランプリ」参加作品です。
パリホコのチキン南蛮に、酸味のあるグレイビーソース、太陽ケチャップ(たぶん)、タルタルの三種ソースがけ。
b0233046_235811.jpg
お肉も奥三河鶏と地元の肉を使っており、郷土色溢れる一品。しかもホンマに美味しい。そして、困ったことにビールが進む。
この後もブラウ・マイスターをお替わりし、無料のハズの工場見学が大出費(笑)。でも、大変楽しく過ごせました。

因みに、時間にもよると思いますが、帰りに寄ると決めていたなら見学前に予約しておいた方が無難です。テーブル数の割りにスタッフ数が少ないのか、ホントに予約が多いのか空きテーブルがかなりあるにもかかわらず、入場待ちが発生していまた。


■BREWER’S HOUSE (ブルワーズハウス):キリンビアパーク名古屋内
■清須市寺野花笠100
■052-400-8260
■11:00~22:00(L.O.21:30)


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nagonyan page(本ブログ)
nanmori page(大阪在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta11kg | 2012-07-19 23:13 | ごはんの時間~名古屋めし

名古屋での美味しいもん、食べ歩きです。
by ririta11kg
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

唐獅子
at 2013-11-05 01:04
東洋軒 名古屋三越店
at 2013-10-20 00:10
せと
at 2013-09-29 18:13
つづみそば
at 2013-09-27 00:49
細江屋
at 2013-09-23 23:26

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな